最新話のネタバレ

【やがて君になる:39話】最新話のネタバレ|槙と話して侑は燈子への思いを再度自覚する

【やがて君になる:38話】の続きが気になるあなたへ、電撃コミック大王2019年4月号第39話のネタバレと感想をお伝えします。

前回のあらすじはこちら。

【やがて君になる:38話】ネタバレへ

文字バレより画バレで!というなら、music.jpを使うと無料で「コミック電撃大王最新号」が読めるのでおすすめです!

▼30日間無料&961ポイントで読む▼

music.jpを使って今すぐ【月刊コミック電撃大王最新号】を無料で読む!



【やがて君になる:39話】最新話のネタバレ

夜、侑がベッドに寝転んでいると隣の部屋から話し声が聞こえました。

どうやら怜が電話しているようです。

侑はヘッドフォンをつけ苛立ちを隠そうとします。

 

そして少女漫画やラブソングのことばが自分のものになる気がしたと、窓から見える星空を見つめました。

侑は音楽を止めて、眠りにつきました。

昼休み、侑と朱里とこよみは3人でお弁当を囲んでいます。

 

侑は帰りに何処かへ寄らないか朱里を誘いました。

しかし朱里は先約があるようで、申し訳なさそうに断ります。

侑は一応こよみにも聞いてみますが、まっすぐ帰るときっぱり断られてしまいました。

 

槙を誘う侑

放課後、侑がどうするか悩んでいると、前に自転車を押す槙の姿がありました。

侑は槙に声をかけます。

槙は侑の誘いを受けました。

 

燈子に怒られないかと侑を茶化す槙。

侑は気にしなくていいと伝えました。

侑は、朱里に先約があって断られたことを槙に伝えます。

 

すると槙は、堂島がバスケ部でボウリングに行くと話していたことを話しました。

それを聞いて、朱里に堂島のことを聞かれた気がすると答える侑。

楽しそうな槙に、侑は何もないかもしれないよと言います。

 

それでも、何かあったら面白いと笑う槙に侑は少し呆れました。

しかし、朱里がまた誰かを見つけられたらいいことだと侑は思い直しました。

槙のように楽しんでしまえたらいいのにと嘆く侑。

そんな侑に、槙は不思議そうに視線を送りました。

Sponsored Link



侑と槙はバッティングセンターへ

バッティングセンターで隣同士に入った侑と槙。

槙はネット越しに侑に話しかけます。

槙「七海先輩と何かあった?」

侑は、燈子に好きだと伝えたことを槙に話しました。

 

槙はバッドを構えながら、侑の話を聞きます。

燈子に受け入れてもらえなかったことも隠さず話す侑。

それを聞いた槙は驚きを隠せません。

 

燈子が侑の気持ちを断る理由が分からないと言う槙。

侑はバッティングをこなしながら、自分が約束を破ったからだと話しました。

侑が打った球は、ピッチングマシンの前に転がります。

 

燈子は誰も好きにならない自分が好きだったのに、なぜ好きなんて言ってしまったのかと後悔する侑。

槙は黙って侑の話に耳を傾けます。

諦めたように、好きとか誰が特別かとかは分からないと笑う侑。

 

槙は辛くないのかと問います。

侑は大丈夫だと言い、バッティングを続けました。

好きだという気持ちがなくても槙は楽しそうだと言う侑。

 

槙はそんな侑に、逃げてるだけだと言いました。

侑は固まって、飛んできたボールを見逃します。

槙は、侑は怖がっているだけで本当は人を好きになる気持ちを分かっていると言いました。

 

槙にごまかしているだけだと言われ、侑は反論しようとします。

しかし槙はネット越しに侑に追い討ちをかけます。

槙「君と僕を一緒にしないでよ」

その言葉に侑は目を見開き固まりました。

 

槙はバッティングコーナーの後ろにあるベンチに座り、恋愛をスポーツの試合に例えます。

プレーしたいと思う人もいるだろうけど、自分は見ている方が楽しいと言う槙。

そして侑に、きっと違う側の人間だと槙は言いました。

 

侑と槙の間のネットが境界のように見えます。

侑と別れて、槙は自転車を押しながら帰路につきました。

そして槙は、自分には恋は分からないけど幸せな舞台がいいと心で願いました。

 

侑の願い

帰り道、自動販売機や踏切、喫茶店を見て燈子との出来事を思い返す侑。

そして燈子から貰った沢山の「好き」が勝手だと考えます。

わがままで、ずるくて不器用な「好き」は侑には眩しく、同時に憧れでもありました。

 

侑は立ち止まり、夕日が反射する川の水面を見つめます。

侑(そうだよ わたしは逃げてる)

侑は燈子に断られた時のことを思い出します。

 

すると侑の胸がズキズキと痛みました。

侑は胸を押さえます。

恋がわからなければ、ツライ思いや悲しい思いをしなければ済むと考える侑。

 

それでも「好き」がほしいと、侑は制服の胸元を強く握りしめました。

そんな時、侑の携帯が震えます。

侑が制服のスカートのポケットから携帯を取り出します。

 

するとそこには『七海燈子』の文字。

燈子からのメッセージには今日帰ることと、話をさせてほしいということが書いてあります。

そしてすぐに会いに行くからという言葉を見て、侑は振り返り走り出します。

 

息を上げ、全速力で待ち合わせ場所の生徒会室に向かう侑。

侑「先輩 七海先輩」

燈子を呼びながら走り続ける侑。

その頃駅前には、侑と同じように走る燈子の姿がありました。

Sponsored Link



画バレが無いと物足りなくなってきませんか?

ネタバレを読んでいると、その場面を絵で楽しみたくなってしまいますよね!

もしもそう思ってしまったなら、music.jpの無料登録特典を使えばあなたの希望が叶います。

music.jpは登録時に30日間無料+961ポイントに動画専用1,500ポイントがあり、それで【月刊コミック電撃大王最新号】が1冊だけ無料で読めます。

ぜひ、こちらで無料登録してお楽しみください。

music.jpを使って今すぐ【月刊コミック電撃大王最新号】を無料で読む!

感想

侑の切ない気持ちが溢れ出す回でした。

好きだという気持ちが元々分かっている人でも、恋が叶わなければ「そんなに好きじゃなかった」とか傷つかないよう自分に言い聞かせることもありますよね。

 

逃げてるだけという槙の言葉が突き刺さった人は多いのではないかなと思います。

侑が全力で走るシーンは、燈子への精一杯の恋心が溢れるようで心が動かされます。

燈子と侑の思いは通じ合うのでしょうか。

【やがて君になる:40話】ネタバレへ

好きなマンガが無料で読めるおすすめサービスランキング!
U-NEXT
U-NEXTを使って無料で読む
月額料金 1,990円+税
初回無料期間/無料ポイント 31日間無料/600ポイント
読み方 専用の電子書籍アプリ経由
オフライン購読 購読可能
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/独占配信コンテンツあり/電子書籍ポイント最大40%バック

3つのサービスで最も金額が高く、無料ポイントもU-NEXTは少なめです。

しかし電子書籍アプリもあり、購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能です。

さらにリニューアルされて、電子書籍には最大40%のポイントバックもつきました。

もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。

また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。

最新クールのアニメ配信場所としては最大級。

電子書籍+新作アニメも追いかけたいなら、U-NEXTは高効率な電子コンテンツサービスに化けますよ!

U-NEXTの600ポイントを使って好きなマンガを無料で読む!

music.jp
月額料金 1,922円(税込み)
初回無料期間/無料ポイント 30日間/動画用:1,000ポイント・通常用・600ポイント
読み方 専用アプリorブラウザ
オフライン購読 可能
その他の特典 購入時の10%ポイント還元/有料チャンネルの見放題あり

music.jpは動画用と通常用で分かれていますが、無料登録系では一番獲得ポイントが多いサービスです。

ポイント還元を上手に利用すると、無料ポイントだけでマンガが読めます。

また退会後も無料・有料問わず「閲覧無制限」の作品は、読み続けられます。

アニメ映画等も旧作・新作を問わず豊富に配信中なので、解約するなら無料動画ポイントを使い切るのを忘れずに!

music.jpの600ポイント使って好きなマンガを読む

FODプレミアム
FODを使って無料で読む
月額料金 888円+税
初回無料期間/無料ポイント 30日間/1,200ポイント
読み方 ブラウザ経由
オフライン購読 購読不可
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/電子書籍は20%のポイント還元

FODプレミアムは1ヶ月で最大1,300ポイントを貯められ、さらに電子書籍20%のポイント還元が最大の魅力です。

しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります

ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。

バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。

ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。

これから電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

FODの最大1,300ポイントを使って好きなマンガたくさんを読む!