最新話のネタバレ

【亜人:60.5話】ネタバレと感想!ベールに包まれていた特殊部隊の5人全員の姿が見られる!?

先の展開が気になるあなたの為に「亜人:60.5話 D-day Ⅱ」のネタバレと感想を載せていこうと思います。



【亜人:60.5話】ネタバレ

今回は、亜人である佐藤達が国の最高機関である国会議事堂に、戦闘機で突撃し襲撃する5分ほど前にさかのぼった場面から始まります。

コウマ陸佐が部屋に入るとそこでは副陸幕長やスタッフが、対亜人特選群と亜人管理委員会との裏の繋がりを示す書類やデータを全て破棄しようとしていました。

 

亜人管理委員会とは、亜人の保護、研究を行なっている厚生労働省管轄下の組織となっています。

表向きは亜人の保護、研究ですが、実際には亜人の特性を利用し、虐待、人体実験を行なっている残虐な組織です。

 

何度殺しても生き返るという亜人の特性を研究する為に何回もわざと殺したり、人体実験を要望している民間企業への亜人の貸し出しなど、非人道的な活動を行なっているのでした。

さらに、対亜人特選群とは亜人専用に特殊な訓練を受けた特殊部隊で、存在自体が違法である最強集団です。

その集団のトップがコウマ陸佐です。

 

亜人管理委員会とつながっていた副陸幕長

コウマ陸佐は副陸幕長に証拠の廃棄をやっている場合かと詰め寄ります。

しかし、副陸幕長は書類やデータの破棄に躍起になっていて、コウマ陸佐の言葉には耳をかしません。

それもそのはず、亜人管理委員会との繋がりは、陸幕長には報告しておらず、副陸幕長独自で内密に進めていた事だからでした。

 

もしこれが公になれば、亜人管理委員会の非人道的な人体実験や、対亜人特選群の存在が明らかになり、非常に重大な問題になる事は間違いありません。

その事実を目の前にコウマ陸佐は衝撃を受けます。

 

戸崎「私は自分のおこないに自責の念も後悔もない。あなたは?」

 

この言葉を思い出します。

そんな時に対亜人特選群のリーダーからコウマ陸佐に出動要請の電話が入ります。

まさかこのタイミングで連絡が入るとは。

 

彼ら対亜人特選群はコウマ陸佐の命令にのみ従うとの事。

副陸幕長の暴走を知った今、コウマ陸佐はどのような命令を対亜人特選群に下すのでしょう。

副陸幕長はコウマ陸佐に、これ以上対亜人特選群に関わるなと叫んでいます。

Sponsored Link



止めようとしても止まらないコウマとユウマたち

コウマ陸佐の下した決断は、副陸幕長に歯向い、最新情報を対亜人特選群へ知らせるというものでした。

一方、何としても止めたい副陸幕長はコウマ陸佐に拳銃を向け、電源を切るように命令します。

それに対しても、コウマ陸佐の決意は変わりません。

コウマ陸佐は、打ちたければ打てと啖呵を切ります。

そして、コウマ陸佐は打たれる事を覚悟で出動命令を出しました。

その直後、副陸幕長の構えた銃が発砲します。

ヘリ内で命令を待っていた特選群のメンバー達。

ユウマからの命令を受けた彼らは出動の準備を開始します。

場面はユウマと副陸幕長の場面に戻ります。

副陸幕長の銃から放たれた弾丸はユウマの左に逸れていました。

動揺する副陸幕長と覚悟を決めた眼差しで見つめるユウマ。

何とか副陸幕長がユウマを止めようとしましたが、ユウマ達対亜人特選群は止まりません。

彼らは亜人がいる入間基地へ向けて動き出しました。

 

感想

副陸幕長が何とかして、対亜人特選群との裏の繋がりを示す証拠を消そうと躍起になっていましたが、覚悟を決めたコウマに阻まれました。

亜人の暴走を止める為、入間基地への出撃命令を受け、出動していく対亜人特選群。

入間基地での戦闘の前置きとなる回でしたが、今までベールに包まれていた特殊部隊の5人全員の姿がついに現れましたね。

アメリカの特殊部隊を彷彿とさせる、見るからに強そうな集団です。

彼らはどのような訓練を受けてきたのでしょうか。

亜人専用特殊部隊という事は、もしかしたら彼らもまた亜人なのでしょうか。

普通の特殊部隊SATを全滅させてしまう程の力を持つ佐藤らを倒す事が出来る程なのでしょうか。

この特殊部隊が、死ぬことのない亜人の佐藤達相手にどのような戦いを展開させるのか。

今回は短い回ですが、次回以降の展開の布石が描かれている重要な回でしたね。

この後の展開がとても気になってしまいました。

好きなマンガが無料で読めるおすすめサービスランキング!
U-NEXT
U-NEXTを使って無料で読む
月額料金 1,990円+税
初回無料期間/無料ポイント 31日間無料/600ポイント
読み方 専用の電子書籍アプリ経由
オフライン購読 購読可能
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/独占配信コンテンツあり/電子書籍ポイント最大40%バック

3つのサービスで最も金額が高く、無料ポイントもU-NEXTは少なめです。

しかし電子書籍アプリもあり、購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能です。

さらにリニューアルされて、電子書籍には最大40%のポイントバックもつきました。

もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。

また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。

最新クールのアニメ配信場所としては最大級。

電子書籍+新作アニメも追いかけたいなら、U-NEXTは高効率な電子コンテンツサービスに化けますよ!

U-NEXTの600ポイントを使って好きなマンガを無料で読む!

music.jp
月額料金 1,922円(税込み)
初回無料期間/無料ポイント 30日間/動画用:1,000ポイント・通常用・600ポイント
読み方 専用アプリorブラウザ
オフライン購読 可能
その他の特典 購入時の10%ポイント還元/有料チャンネルの見放題あり

music.jpは動画用と通常用で分かれていますが、無料登録系では一番獲得ポイントが多いサービスです。

ポイント還元を上手に利用すると、無料ポイントだけでマンガが読めます。

また退会後も無料・有料問わず「閲覧無制限」の作品は、読み続けられます。

アニメ映画等も旧作・新作を問わず豊富に配信中なので、解約するなら無料動画ポイントを使い切るのを忘れずに!

music.jpの600ポイント使って好きなマンガを読む

FODプレミアム
FODを使って無料で読む
月額料金 888円+税
初回無料期間/無料ポイント 30日間/1,200ポイント
読み方 ブラウザ経由
オフライン購読 購読不可
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/電子書籍は20%のポイント還元

FODプレミアムは1ヶ月で最大1,300ポイントを貯められ、さらに電子書籍20%のポイント還元が最大の魅力です。

しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります

ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。

バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。

ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。

これから電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

FODの最大1,300ポイントを使って好きなマンガたくさんを読む!