最新話のネタバレ

【青野くんに触りたいから死にたい:27話】最新話のネタバレ|黒青野へ優里は瞳を捧げる

【青野くんに触りたいから死にたい:26話】の続きが気になるあなたへ、月刊アフタヌーン2019年8月号27話の最新ネタバレと感想をお伝えします。

前回のお話はこちら。

【青野くんに触りたいから死にたい:26話】ネタバレへ

画バレはFODプレミアムの登録無料特典を利用すると【月刊アフタヌーン最新号】が読めるので、ぜひ利用してみてください。

▼1ヶ月無料&1,300円分のポイントで読む▼

【月刊アフタヌーン最新号】をFODプレミアムで今すぐ読む

※解約は1ヶ月以内にすれば料金請求がありません。

【青野くんに触りたいから死にたい:27話】最新話のネタバレ

黒青野は優里の前に立ち、求めるなら捧げるように迫ります。

黒青野「二人が死んだら困るだろう・・・」

決心がつかずに固まってしまう優里。

 

黒青野はそんな優里をさらに煽ります。

優里の後ろに回り込み、背中側から腕を突き刺す黒青野。

優里は自分の体から突き出ている黒青野の手を見ながら、口を一瞬つむぎ決心を固めます。

 

二人を助けてくれるならと、自分を捧げようとする優里。

しかしその言葉は、後ろにいた藤本の手によって止められました。

藤本「駄目だ優里」

 

じっとその様子を見つめている黒青野。

優里は動揺して藤本の方を振り返ります。

藤本は優里に、生きてる人間を頼るように訴えかけました。

 

美桜に助けを求める藤本

藤本は優里の首から下がっているスマートフォンで、美桜に呼びかけます。

美桜に大人を連れてきて助けに来てくれとお願いする藤本。

美桜はスマートフォンを握りしめて動揺します。

 

具体的にどうやって大人を連れてこればいいかを支持する藤本。

美桜は住所を頼りに人の家に行ったことがないし、家には祖母がいないと説明します。

しかし藤本は大人に連れて行ってもらうことと、知り合いがいないなら学校に行くことを提案しました。

 

美桜「学校!?」

学校という言葉を聞いて、美桜は驚きを隠せません。

藤本は美桜が不登校で学校に行きづらいことを受け入れた上で、今は夏休みだしと後押ししました。

 

意を決して外へ出る美桜。

美桜は不安げな表情で庭のバラのアーチを潜り、道路へ足を踏み出しました。

両足が道路に出たところでしゃがみこんでしまう美桜。

 

美桜は吐き気に襲われています。

藤本は異変を感じたのか、電話で美桜に話しかけます。

しかし美桜は通話をミュートにして自分の顔を覆いました。

美桜「外が怖くて出られないなんて言えない・・・」

 

頼りになるのは黒青野だけ?

電話の音が聞こえなくなり、「お友達」に襲われたのではないかと美桜を心配する優里。

優里は黒青野を振り返りますが、黒青野はわからないようです。

少し放心してしまう優里。

 

優里は再び決意を固め、黒青野と交渉を始めます。

黒青野「君がくれるなら俺がすべて守ろう」

藤本は優里の手を掴んで、必死で取引を止めます。

 

しかし優里は藤本の手を振り払いました。

黒青野に何が欲しいのかを訪ねる優里。

黒青野は優里の頬に手を伸ばし、優里の目をじっと見つめます。

 

黒青野「瞳を貰おう・・・」

優里は、瞳を捧げれば皆んなを守ってくれるか黒青野に確認します。

目を細めて了承する黒青野。

 

それを聞いて優里は自分の瞳を黒青野に捧げると宣言しました。

ゆっくりと目を閉じる優里。

次に開いた時には、優里の目の色が変わっていました。

 

優里の瞳は赤色に

優里が目を開くと、そこには憂いの表情を浮かべる青野がいました。

優里の腕を掴んで振り向かせる藤本。

藤本は優里の瞳が赤くなっていることを指摘します。

 

優里は動揺しながら、青野が元に戻っていることを藤本に伝えました。

青野はドアがもう開くことを教えてくれます。

大翔は勢いよく玄関のドアを開きました。

 

青野は希美と結菜は「お友達」に追いかけられて出ていったことを打ち明けます。

そして加々智山に行ったのではないかと推測する青野。

優里は青野に戻ったのに、なぜわかるのかと尋ねます。

 

青野は黒青野だった時に感じたことを覚えていると答えました。

家の前に救急車が到着し、大翔と母親は病院に向かいました。

美桜をイトコの堀江先生に任せ、自分たちは山へ向かうと提案する藤本。

 

優里は二手に分かれて美桜の所にも行こうと訴えます。

しかし藤本はその訴えを聞き入れません。

藤本「今実際に最も奪われているのは優里 お前だからな」

優里は自分の行動はこれしかなかったのだと自分の心で考えます。

 

青野もわかってくれるだろうと、優里は青野に視線を送りました。

しかし青野は優里から視線を逸らしました。

藤本「それにしても加々智山か・・・」

藤本は加々智山が夏祭りで混むことを懸念して焦りました。

最新話や最新巻の画バレはこのサービスで読めます

文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。

そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊アフタヌーン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。

サービス名 無料ポイント 読める巻数
FODプレミアム
1300pt(※)
待てば2冊が無料で読める
U-NEXT 600pt 差額112円で今すぐ1冊分が無料で読める
music.jp 600pt 差額112円で今すぐ1冊分が無料で読める

この中から最もおすすめなのがFODプレミアムというサービスで、最大1,300円分のポイント+1ヶ月間の無料お試し期間がついてきます

解約も1ヶ月以内なら利用料金の請求はされません。

ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

FODを使って無料で読む

【月刊アフタヌーン最新号】をFODプレミアムで今すぐ読む

※解約は1ヶ月以内にすれば料金請求がかかりません。

感想

黒青野が優里を煽り立てるシーン。

背中から突き出た手が左手のはずなのに注視するシーンで右手に変わっているのが非常に気になります。

単行本になる時には、この手のシーンは差し変わっているかもしれませんね。

そうなると、この違和感を体験できるのは今だけ・・・。

 

レアです。

結局黒青野に瞳を捧げた優里。

優里たちは、希美と結菜を助けることができるのでしょうか。

【青野くんに触りたいから死にたい:28話】ネタバレへ

好きなマンガが無料で読めるおすすめサービスランキング!
U-NEXT
U-NEXTを使って無料で読む
月額料金 1,990円+税
初回無料期間/無料ポイント 31日間無料/600ポイント
読み方 専用の電子書籍アプリ経由
オフライン購読 購読可能
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/独占配信コンテンツあり/電子書籍ポイント最大40%バック

3つのサービスで最も金額が高く、無料ポイントもU-NEXTは少なめです。

しかし電子書籍アプリもあり、購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能です。

さらにリニューアルされて、電子書籍には最大40%のポイントバックもつきました。

もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。

また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。

最新クールのアニメ配信場所としては最大級。

電子書籍+新作アニメも追いかけたいなら、U-NEXTは高効率な電子コンテンツサービスに化けますよ!

U-NEXTの600ポイントを使って好きなマンガを無料で読む!

music.jp
月額料金 1,922円(税込み)
初回無料期間/無料ポイント 30日間/動画用:1,000ポイント・通常用・600ポイント
読み方 専用アプリorブラウザ
オフライン購読 可能
その他の特典 購入時の10%ポイント還元/有料チャンネルの見放題あり

music.jpは動画用と通常用で分かれていますが、無料登録系では一番獲得ポイントが多いサービスです。

ポイント還元を上手に利用すると、無料ポイントだけでマンガが読めます。

また退会後も無料・有料問わず「閲覧無制限」の作品は、読み続けられます。

アニメ映画等も旧作・新作を問わず豊富に配信中なので、解約するなら無料動画ポイントを使い切るのを忘れずに!

music.jpの600ポイント使って好きなマンガを読む

FODプレミアム
FODを使って無料で読む
月額料金 888円+税
初回無料期間/無料ポイント 30日間/1,200ポイント
読み方 ブラウザ経由
オフライン購読 購読不可
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/電子書籍は20%のポイント還元

FODプレミアムは1ヶ月で最大1,300ポイントを貯められ、さらに電子書籍20%のポイント還元が最大の魅力です。

しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります

ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。

バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。

ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。

これから電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

FODの最大1,300ポイントを使って好きなマンガたくさんを読む!