最新話のネタバレ

【フラジャイル:53話】ネタバレと感想!万城目が仕掛けた罠への対抗策は

【フラジャイル:52話】がまだの人はこちらへ

ガイドラインから逸脱した形で腎移植をしていた大月。

しかしそれは病院での取り組みであった。

匿名での通報を受けた厚労省特別査察官・万城目に反抗的な態度を取ってしまった大月と岸。

壮望会はどうなってしまうのか!?



【フラジャイル:53話】ネタバレ

院長室にて、主要なドクターたちが集まり今回の件について話し合っていた。

もちろん、岸と大月の姿もある。

厚労省から通達が来ただけではなく、自治体からも連絡が来たとのことだった。

 

もしも今回の処分で特定機能病院の指定が外されたら、来年度の運営補助金は大幅に減らされてしまうらしい。

そんなことになったら経営破綻になると院長は頭を抱える。

悪い知らせはその後も続き、週刊誌からも連絡が入ったのだという。

 

殺人医師が違法な腎移植で患者をモルモットにしている、という内容だったようだ。

院長もついに耐え切れなくなったようで、ソファーから立ち上がり声を荒げる。

当の岸はまるで他人事のように、専門知識の無い記者の妄想が混じった文章が新聞に載ると、のんきに話した。

 

もう謝っちゃいましょう、と院長は逃げ腰。

岸とは違い大月は、自分のしたことで壮望会に入院している患者たちが、危機に立たされていることを重く受けて止めています。

意気消沈したようにつぶやかれた言葉に、岸だけがなにかを企んでいるかのように笑っていたのだった。

 

宮崎の出勤と万城目の仕掛け

数日の出勤停止処分を受けていた宮崎がようやく復帰します。

休んでいる間は、国立臨床センターにて腎移植について勉強していたのだった。

勉強を修行と例えて問う森井に、周囲の先生方はすごい人ばかりだったと興奮気味に話す宮崎。

 

国立臨床センターでは、他科の先生と病理医が夜な夜なデータの検証をするのだという。

仕事が終わっても帰らないままビールを片手に熱い議論を繰り広げる。

ハイレベルすぎて話についていくのがやっとであったが、小田川先生が丁寧に解説してくれたおかげでとても勉強になったとのことです。

 

そんな話をしていると、いつの間にか岸の元に髪をバッサリと切った大月が来ていた。

驚き理由を問う宮崎に、別に、としか答えない大月だったが罪の意識からそうしたのかもしれない。

 

「調査委員会の意見聴取会が来月開かれることになったよ 各学会から医者が一人ずつ あと弁護士と宗教家壮望会の代表はなんと僕」

 

厚労省から直々に指名されたとのことだった。

すぐに万城目の仕業だと勘付いた大月は、執拗だな、と眉をひそめた。

そんな二人の会話に、自分がいない間に何があったのかと心配する宮崎。

 

しかし岸はそれに答えることはなく、何かあったのは患者の方でしょ、と宮崎の意識を逸らした。

今回の患者であったあみるは宮崎がいない間にICUに移されたのだった。

理由は、移植による拒絶反応。

 

感染症は改善傾向にあるが、腎機能は戻らない。

この症状は、母親の腎臓の時と同じであった。

当時移植を担当した東都大病院ではコントロールできず、移植腎は2週間で廃絶されたのだった。

嫌な感じがする、と話す大月。

 

臨床的にも普通の拒絶反応とは様子が少し違うらしい。

しかし、何が起きているのかわからなければ手の打ちようもない。

それを両親へ伝えると、絶望したように目を見開いた。

 

その後に再度腎臓生検をし、病理診断させてほしいという大月の言葉に両親は頭を下げたのだった。

「大丈夫私たちに任せてください」

大月は強く拳を握り締めてそう答えます。

 

その夜、岸は残っている仕事に目も止めず退勤した。

早いですね、という森井に、ちょっと人と会う用事がね、と手をあげてその場を後にした岸。

そんな岸の後ろ姿を見送った森井はマグカップに口をつけつつ、何か企んでんなありゃ、と何かを察したのだった。

 

その横で病理診断をしていた宮崎と大月。

標本を見る限りは確かに拒絶反応の症状が出ている。

しかし、宮崎は何かが違うと感じていた。

 

「大月先生 私に一晩ください明日には必ず病理診断を出します」

 

宮崎の真っすぐな目に、大月は任せることにしたのだった。

夜遅くまで標本と向き合う宮崎。

先に退勤した森井は、大丈夫かと心配する。

 

しかし、その心配とは裏腹に、帰り際の宮崎はとても生き生きしていたのだった。

森井は、そっとコーヒーを煎れると集中している宮崎に気づかれないように、デスクへ置いてその場を後にしたのだった。

Sponsored Link



行き詰まりを感じる宮崎

一方、一足早く退勤していた岸はどこかの居酒屋にやってきていた。

立ち飲み居酒屋で一人、お猪口を傾ける岸の元へ一人の男が歩み寄る。

オールバックにキッチリと着こなされたスーツ姿は、立ち飲み居酒屋では浮いていた。

 

大変お久しぶりです、という挨拶から、古くからの知り合いであることが伺い知れる。

挨拶を交わす二人は、とても仲が良いようには見えなかった。

宮崎は行き詰っていた。

 

拒絶反応を肯定する所見と否定する所見が混在している。

拒絶反応なのか、違う原因なのか、調べれば調べるほどわからなくなっていった。

国立臨床センターで見たどの症例とも違うそれに、打つ手がない。

 

その時、国立臨床センターで見た病理医と臨床医の議論がヒートアップし、喧嘩になっていたのを思い出した。

知識と経験と文献を戦わせる。
そうやってお互いの診断精度を上げていくのだと話していた小田川先生の言葉も。

宮崎はようやく標本から顔をあげたのだった。

 

宮崎は大月に議論を吹っかけに訪れる

標本と一晩中睨めっこしていた宮崎は、朝になるとすぐに泌尿器科へ出向いた。

片手にビールを持って。

そのビールを差し出す相手は大月です。

 

しかし、当然のことのように差し出されたビールを大月は拒否します。

それにハッと我に返り、ビールは捨てる宮崎。

そんなことをしていると、泌尿器科の面々が次々に出勤し始めます。

 

そのタイミングで宮崎はあみるの症状は拒絶反応じゃない、と話した。

当然驚くドクター一同。

拒絶反応じゃないのなら何が原因なの!?という問いには答えられない宮崎。

 

しかし、拒絶反応なのではないかという問いに対して、宮崎は自信があると答えます。

拒絶反応の特徴と言われる症状は出ている。

しかし、それを否定する症状も出ている。

 

そんな拒絶反応は倫理的にありえない、と話す宮崎。

「病理医として これは譲れません!」

強くそう言う宮崎に、じゃあなんなのよ、と問うがそれはわからない。

 

だからこそ議論しに来たのだ。

宮崎が一晩中かけて出した症状のデータを囲み、いろんな意見が出されては否定されていく。

みんなが声をあげて話し合っていくと、行き着いたのは行き止まり。

 

行き詰まり、お手上げになったところで少し休憩することになった。

お茶を煎れようと動く者や、コピーを取ってこようとする者を引き留めたのは宮崎です。

宮崎は自分の不甲斐なさをしみじみ感じていました。

 

岸のように信用してもらえていなくて、失敗もして、怖くて、もう愚直に臨床の先生と話し合ってもらうしかないと思って今日ここへ来た、と話す宮崎。

そんな宮崎の言葉に大月は、あみるは宮崎の患者であり泌尿器科の患者でもある、という。

 

宮崎を責めるでもなく、大月が発言した内容をからかう泌尿器科の他のメンバー。

宮崎先生は一年目なのによくやってるわよ、という女医は、思い出すように大月の一年目の話を聞かせた。

その時だった。

 

大月がなにかを思い出したように、全員図書室行くぞ、と声をあげます。

図書室につくと大月は、腎臓と治療、というタイトルの月刊誌を取り出した。

その中の情報に、盛り上がる一同。

 

しかし、その症例報告が載った号を大月に問うと、知るか!というまさかの答えが返ってきたのだった。

図書室に入りきらないバックナンバーが40年分。

段ボールの山を前に、5人で気合を入れ直します。

 

そして、電話口では脅しをかける万城目。

やはりいろいろなところへ手をまわして壮望会を潰しにかかっていたのだ。

しかし電話を切ってすぐ、医薬新聞を広げた万城目は顔を驚きに染め上げられたのです。

 

医薬新聞にはでかでかと壮望会で行われている腎移植の記事があげられていた。

しかもそれはゴシップではなく、とても好意的な内容であった。

「あいつら仕込みやがった…!!」

万城目は新聞をテーブルに叩きつけたのだった。

 

【フラジャイル:53話】感想

あみるちゃんの症状がわかりそうで一安心ですね!

もしもお父さんの腎臓もダメとなればもう打つ手は無いですからね…。

 

透析生活に加えて、両親への罪の意識を抱えて生きるなんてあまりにも可哀想ですもんね…。

そして、岸の謎の行動はここへつながっていたのか――!(多分)

まさか新聞に仕込みを入れているなんて…。

流石ですよね!!

 

宮崎に変に気をまわさせないように(?)しているのも好感持てます!素敵!(笑)

次回はついに厚労省とのバトルですかね?

とても楽しみです!

【フラジャイル:54話】ネタバレへ

好きなマンガが無料で読めるおすすめサービスランキング!
U-NEXT
U-NEXTを使って無料で読む
月額料金 1,990円+税
初回無料期間/無料ポイント 31日間無料/600ポイント
読み方 専用の電子書籍アプリ経由
オフライン購読 購読可能
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/独占配信コンテンツあり/電子書籍ポイント最大40%バック

3つのサービスで最も金額が高く、無料ポイントもU-NEXTは少なめです。

しかし電子書籍アプリもあり、購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能です。

さらにリニューアルされて、電子書籍には最大40%のポイントバックもつきました。

もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。

また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。

最新クールのアニメ配信場所としては最大級。

電子書籍+新作アニメも追いかけたいなら、U-NEXTは高効率な電子コンテンツサービスに化けますよ!

U-NEXTの600ポイントを使って好きなマンガを無料で読む!

music.jp
月額料金 1,922円(税込み)
初回無料期間/無料ポイント 30日間/動画用:1,000ポイント・通常用・600ポイント
読み方 専用アプリorブラウザ
オフライン購読 可能
その他の特典 購入時の10%ポイント還元/有料チャンネルの見放題あり

music.jpは動画用と通常用で分かれていますが、無料登録系では一番獲得ポイントが多いサービスです。

ポイント還元を上手に利用すると、無料ポイントだけでマンガが読めます。

また退会後も無料・有料問わず「閲覧無制限」の作品は、読み続けられます。

アニメ映画等も旧作・新作を問わず豊富に配信中なので、解約するなら無料動画ポイントを使い切るのを忘れずに!

music.jpの600ポイント使って好きなマンガを読む

FODプレミアム
FODを使って無料で読む
月額料金 888円+税
初回無料期間/無料ポイント 30日間/1,200ポイント
読み方 ブラウザ経由
オフライン購読 購読不可
その他の特典 見放題・雑誌読み放題あり/電子書籍は20%のポイント還元

FODプレミアムは1ヶ月で最大1,300ポイントを貯められ、さらに電子書籍20%のポイント還元が最大の魅力です。

しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります

ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。

バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。

ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。

これから電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

FODの最大1,300ポイントを使って好きなマンガたくさんを読む!